皮膚科クリニックの職場の人間関係、雰囲気について

皮膚科クリニックの職場の人間関係、雰囲気について

少しネガティブな内容も含みますが、クリニックという職場特有の人間関係についての実際をお伝えしたいと思います。

 

クリニック・医院の院長との関係は?

院長がいうことは絶対のような雰囲気があります。

 

私の経験談になりますが、社会人から看護師になった経歴があり、かなりの少人数で運営している「会社(ここでいうクリニック・医院になります)」という場所を右も左も分からない状態でクリニックで働くことになりました。

 

個人のクリニック・医院はいわば自営業です。なんでもかんでも院長が思っていればそれが絶対です。
 
よく医者は偉そうなどと世間でいわれていますが、間違いではないですね。医者として素晴らしいが、人として、どうか。

 

患者さんに対しての接し方で分かります。そういった点も勤務していく中で看護師は悩む点であると思います。後述しますが院長の性格やクセなど見抜いておかなければ業務をスムーズに行うことは難しいといえます。

 

開院したてのクリニックの勤務は避けたほうがいい

実は私が勤務するクリニックは、比較的開院したてということで、当初は運営自体を看護師や受付の方と一丸になってやっていこうというスタンスでした。しかしやはり院長なりの自身の医院をどのような医院にしていくかというイメージがあったようで、看護師や受付の意見より院長の一存で行うことが多くありました。

 

既存の医院では運営の流れなどしっかり固定され、それを看護師も受付も入職して覚えればよいのですが、開院したてでまだしっかり運営が整っていない医院などは、正直なところ転職は避けたほうが良いと言えます。業務以外の余計な疲労が蓄積される可能性があります。

 

 外科病棟や手術室にいた経験がある看護師のほうがスムーズに業務を覚えれる

病棟勤務の経験がある看護師さんはおわかりだと思いますが、看護師は医師とは業務中べったり仕事はしません。

 

手術室看護師がクリニック・医院の看護師の業務に感覚的には近い感じでしょうか。クリニック・医院は勤務時間中、院長・医師から離れられません。医師が次に何の処置を行い、どういった動きを看護師がとれば良いのか、一歩先、二歩先を考え看護師は準備をすることが仕事に向き合うスタンスといえます。なので患者さんと接する時間はほぼ無く、完全なる医師のサポートとなります。

 

皮膚科クリニックでも外科的処置は少ないですが、全くないとは言えず、内科経験しかなかった私は外科で使用する器具など全く分からず、当時は大変苦労しました。本などで学習しても、実際には院長が使用する器具は名前が違っており「○○取ってきて」などと指示されるも、わからないこともしばしば。

 

皮膚科看護師になるには、外科病棟や手術室にいた経験がある看護師のほうがスムーズに業務に慣れることができるのかなと今でも実感しています。

 

院長は、社長です。

 

社長の言うことは絶対であることは皮膚科クリニックに限らず、どのクリニック・医院でも同様です。病棟での勤務しか経験がなかった私は院長と看護師である自分との関係性について考え方の違いが必要であると学びました。

 

院長や医師と上手に業務を遂行し、人間関係を良好に保つには?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
TOP 業務解説 転職 給料